せどり

Amazonで販売するためのアカウントを作ろう!大口出品と小口出品は何が違う?

こんばんは!副業せどり女子のゆうころんです。

この記事では、実際Amazonで販売するためのアカウント作成にはどのような契約があるのかをみていこうと思いますので、これからだって人は参考になれば嬉しいです。それでは早速見ていきましょう!

Amazon販売は2種類の販売形態がある

Amazonでは二種類の販売形態があるのはご存知でしょうか?Amazon出品形態は「大口出品」と「小口出品」があります。

「大口出品」は文字のごとく沢山の出品をされる方向けのアカウントです。「小口出品」は小規模の販売をする方向けのアカウントとなります。

ここでは大口出品と小口出品の違いは何があるのか?を詳しくみていきます。

少しでも勉強された方はご存知かもしれませんが、小口出品は無料で使うことができ、一商品を販売するごとに100円の成約料がかかります。大口出品は月額料金4,900円の固定費で利用することが可能です。こちらはどちらの出品形態も販売手数料とそれぞれ異なるカテゴリー成約料もかかりますので念頭に入れておいてください。

大口出品や小口出品にはそれぞれメリットがあり、初心者はとりあえず、小口出品!となっている方も多いかもしれませんが、下記記事を読んでいただき自分に合うものをよく検討してください。

Amazonセラーアカウント〜小口出品〜

基本成約料100円+販売手数料

+カテゴリー手数料

小口出品は月額料金がかからないがかからないのが最大のメリットです。固定費がかからず、初期費用を抑えたビジネスのスタートが可能です。

小口出品のメリット

  • 月額料金がかからないため、49個以下なら圧倒的に安い

小口出品のデメリット

小口出品では固定費がかからないのが最大のメリットでしたが、デメリットはどのようなことがあるのか、具体的にみていきましょう。

  • 49個以上販売した場合は、大口出品より費用がかかる
  • 販売できないカテゴリーがある(時計、アパレル等)
  • 現在Amazonに登録されていない商品の出品ができない
  • 一括出品ツールを使用することができない
  • ショッピングカート獲得ができない
  • 注文管理レポートを利用することができない
  • 超便利な有料ツールを使うことができない(プライスター、Keepa等)
  • 梱包、発送、返品対応など、自身で行わなければいけない

Amazonセラーアカウント〜大口出品〜

月額料金4,900円+販売手数料

+カテゴリー成約手数料

まずは固定費として毎月かかる上記料金を把握しましょう。月額料金と共にプラスα手数料が小口出品より高めです。しかし、小口出品にある基本成約料金はございません。それでは早速メリットについてみていきましょう。

大口出品のメリット

大口出品についてはメリットが多くあるので、少し細かくみていきたいと思います。それでは早速リスト確認していきましょう!

  • FBA納品をすることができる!

一度Amazon倉庫に送ってしまえば、販売、梱包、発送、返品、クレームの処理まで全てAmazonで行ってくれるんです!これは自動化することも可能で、どんどん利益が出しやすい環境になります!

  • 月額料金4,900円+販売手数料

何個販売しても4,900円以上かかることはありません。月に50個以上販売予定がある場合は、大口出品のが固定費を抑えることができます。

  • 小口出品では出品できないカテゴリーの販売が可能

大口出品であれば、「時計」「アパレル」といったカテゴリーの販売も可能です。※出品するためには事前の審査は必須

  • カタログにない商品の出品も可能!

現在出品されていない商品をカタログを作って出品することが可能です。※事前申請あり。そして「本、ミュージック、ビデオ、DVD」のカタログの作成はできません。

  • 超便利機能の一括出品ツールや注文管理レポートを利用することが可能

一括出品ツールを使用することによって一度に大量の出品が可能です。注文管理についてはビジネスレポートが定期的に送られてきて、全ての販売情報が記録されています。

  • ショッピングカート獲得をすることができる!

Amazonで購入したことがある人はご存知かもしれませんが、購入の際に「カートに入れる」とボタンがあるかと思います。カート取得ができた場合、あなたの商品がカートに追加されます。このカート追加されることで商品の売れ行きが良くなりますので、非常に大事なことです!

  • 「プライムマーク」をつけることができる!

プライムマークがつくということは、お急ぎ便を使うことできるということです。他の商品より高い商品でもできるかぎり早く欲しい!といった要望は多くありますので、そんな時にプライスマークをつけることができるのは強みです。

  • 大口契約をしていることで、超便利有料ツールを使うことができる!

これすごく大きいです!私は「プライスター」や「Keepa」を使っているのですが、小口出品の場合は便利ツールを使うことが残念ながらできません。

メリットがありすぎて、熱く語ってしまいました・・!皆さんに伝わりましたら嬉しいです。それでは次はデメリットについて確認していきましょう。

大口出品のデメリット

大口出品のデメリットについては・・正直なところ、あまり思い浮かびませんが、強いていうならば下記について触れることができます。

  • 月額料金4,900円の固定費がかかる
  • FBA納品したい場合、納品作業までに時間がかかることがある
  • FBA納品に制限があることがある(自己発送であれば可)

初期費用については、最初は4,900円高いなーと私も感じましたので、大きなデメリットとしてご紹介させていただきました。また、納品についてはたまにトラブルなどで時間がかかってしまい、出品時期が遅れてしまい販売チャンスを逃してしまうのではないか?とヒヤヒヤしたことがありました。また、FBA納品するには申請が必要なものがあるものや、商品期限が60日以上あるものと言ったものありますので、事前にリサーチが必要です。当たり前の決まりと言ったらそうですので、デメリットではないかもしれませんね・・!

私のおすすめ

上記、それぞれ「小口出品」と「大口出品」についてご説明させていただきましたが、私のおすすめは断然、「大口出品」です。本格的な販売をAmazonでご希望されている方は、「大口出品」が販売有利になるようできているので、適しているといえると思います。それに超便利の有料ツールなどは大口出品のみで使うことができますので、私は、絶賛大口出品をお勧め致します。

ちなみに私はAmazon販売なんてしたことがなかった本当の初心者でしたが、売りやすさの面で大口出品にしました。初心者なのに売りにくい小口出品の選択肢が私にはありませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Amazon販売で必要なアカウントの「大口出品」と「小口出品」について説明させていただきました。それぞれのメリットやデメリットがありますのでご自身にあった販売スタイルのものを選んでいただけけばと思います。

Amazon販売で10万稼ぐぞーと気合いが入った方は「大口出品」にしましょう。まず始めは、50個以上売る予定もなく様子をみながら販売していきたいという方は「小口出品」をしていくといいと思います。後から、「小口出品」から「大口出品」への変更も可能です。その逆についても可能です。ですので気が変わって後から変更することも可能ですので、気負いせず自分にあった販売方法でスタートしていきましょう。

それでは自分がどちらに適しているか判断出来ましたでしょうか?少しでも皆さんの役に立てば幸いです。お互いに頑張りましょう!それではまたお会い出来たら嬉しいです★

モノレートが閉鎖!代替ツールはKeepa?メリットから登録まで徹底解説します!前のページ

Amazon出品用アカウントの作成方法(アカウントの取得)を徹底解説します!次のページ

ピックアップ記事

  1. Amazon出品用アカウントの作成方法(アカウントの取得)を徹底解説します!
  2. せどりって何処で売れば良いの?販売先メリット・デメリットを解説します  
  3. Amazonで販売するためのアカウントを作ろう!大口出品と小口出品は何が違う?

関連記事

  1. せどり

    モノレートが閉鎖!代替ツールはKeepa?メリットから登録まで徹底解説します!

    こんばんは!ゆうころん です。せどりを少しでもスタートしてい…

  2. せどり

    2020年最新版「せどり」を始めたい人向け!準備するものを解説します

    こんにちは、ゆうころんです。ここでは実際にせどりを始めるとなっ…

  3. せどり

    初月で粗利10万円は本当?利益率50%の話

    こんばんは。ゆうころんです!私はAmazonアカウントは202…

  4. せどり

    せどりを始めると決めたら把握すること

    こんにちは!ゆうころんです。今回は私がせどりを始めると決めたら…

  5. せどり

    2020年にせどりをスタートしても遅くない!

    早速ですが、私の初月の実績を見てみてください。…

  6. せどり

    せどりって何処で売れば良いの?販売先メリット・デメリットを解説します  

    皆さんこんにちは!ゆうころんです。せどりをやるなら気になる商品…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. せどり

    Amazon出品用アカウントの作成方法(アカウントの取得)を徹底解説します!
  2. せどり

    2020年にせどりをスタートしても遅くない!
  3. せどり

    せどりを始めると決めたら把握すること
  4. せどり

    初月で粗利10万円は本当?利益率50%の話
  5. せどり

    Amazonで販売するためのアカウントを作ろう!大口出品と小口出品は何が違う?
PAGE TOP